あおねこ@えろげー!

── 主にerg関連の記事を、たま~にね ──

2017年01月 購入検討、一言感想など  

[EDIT]
いわゆるメーカー買いのような形でラムネ2だけは買うかなーくらいの予定でしたが、アス永遠が延期枠で追加され、人気声優が体験版そこそこ悪くなかったので割と期待枠として追加され、あとなんとなくアイカギも買いそうな勢い、と結局それなりの本数に。


◆ (ほぼ)確定 ◆
人気声優のつくりかた MintCUBE
  :このタイトル…そしてエロゲ…つまり枕営業が肝要ってことか!
 …ではなく、声優業界の裏事情的な部分を描く作品(こえでおしごとかな?ガーリッシュナンバーかな?)のようで、その点においては個人的にかなり興味あり。しかし公式サイトを見ている限りあまり惹かれないのでなんとも…。→公式webドラマが来ていたので触ってみた所、スルー判定→気になる判定へシフト。 →更に体験版もプレイ、「≪真実度78%≫な声優業界あるある盛りだくさん!」等と謳っているだけあってか良くも悪くもそういった内容の比率がとても高いので興味深く読む人と睡眠導入剤になってしまう人とで分かれそう。素質はありそうだけど伸び悩んで売れてない声優、話題の人気声優、ふとしたきっかけで声優を目指すことになった素人、のヒロイン三者三様の視点から描かれていてコンセプトに対してもなかなか悪くない。実際の業界はもっと明確な縦社会だったり人間関係も本心ではどれだけギスギスしているか…もしそこまでリアルに描かれていたらプレイヤーの胃に穴が開きかねないですが、このヒロイン達はそういう点では安心して見ていられそう。個人的には絵はイマイチ趣味ではないけど前述の通り気になる内容で割と楽しめそうなので買いです多分。それにしても音杏がサブ枠っぽいのは解せぬ…。

アストラエアの白き永遠(とわ) Finale -白き星の夢- FAVORITE
  :12月から延期。本編プレイ済だしまぁ買うかな系。個人的には真ヒロインちゃんよりも元センターの赤い子の方が好きだったんですよね…。 ところで白い子2人のCV変わったのですね。基本的には余程やんごとなき事情でもない限りCV変更は受け入れ難いのですが、個人的に正直小さい方は本編中最後まで違和感が拭えなかったのと、大きい方はあまり印象に残ってないので、変更後に違和感がなければまぁ良いかなって…(酷い)

◆ 有力 ◆
ラムネ2 ねこねこソフト
  :12月より延期。タイトル通りラムネの系譜で、みずいろシステム(幼少期シナリオから始まり、そこでの選択肢によって現在の人間関係やらキャラの性格やらが変化するシステム)採用。ヒロインはねこねこ3種の神器の「ぽんこつ」「妹」「やかま」。 確か佐藤ひろ美姐さんがもうちょっとで歌手引退&ぽんこつの中の人の体調が戻ったので、やるなら今しかない!とかいう理由で本作を製作したとかなんとか言ってましたが…すごい理由ですよねほんと。 最近はねこねこ作品から少し離れてましたが、昔から(おまけの全力のバカっぷりとかが)結構好きで買い続けてきたブランドさんでもあり、また前作ナナミー√におけるとあるシーンは今でも強く印象に残っていたりするので、その2という位置づけなら仮に多少アレだったとしても買うかも…いや、割と高確率で買いそうな感じです。でも正直今作ヒロイン全員興味な…あ、いえ何も言ってませんよははは。 (店舗特典にさほど惹かれなかったこともあり、DL販売されてから買うことにしました)

アイカギ あざらしそふと
  :ヒロイン一人、DL版で2800円なので最近流行りのまぁなんかそんな感じのやつです。独り立ちの為に一人暮らし…のつもりが気がつけば世話好きの可愛い幼馴染との二人暮らしになってましたとか。一体何なんですかこの最近一人暮らし始めたばかりの私とは似ても似つかない羨ましい状況は。 まずは体験版を触ってみたいところですが、割と有力候補。

◆ 気になる ◆
グリザイア・コンプリートボックス フロントウィング
  :皆様ご存知グリザイアシリーズの全部入り版だそうです。お手頃価格のセット版が出たら買う!的なことを昔から言っていたので気になる所ですが、思いの外同梱内容が多くてその分お値段も張るため、要検討です…。

◆ スルー ◆
星恋*ティンクル きゃべつそふと
  :体験版プレイ済。そこでしか見えないという不思議な星「ナギ」が輝く街へ引っ越してきた主人公達が、ナギの存在を外部へ広めてはいけないという街の常識に反してその良さををもっと広く知ってもらう活動をする為の部活への誘いを受け、色々悩んだ末にヒロイン達と5人で部活を立ち上げるところまでで体験版終了。主人公もヒロインも全員特殊な能力を持ってるけど、その力の秘密云々はあっても、あまり重要な要素ではなさそう。前半星が云々言ってて後半異能バトルにでもなったら逆に評価しま……いつか…届く…うっ頭が…。 妹がポンコツ病弱痴女でヤバイとかなんとか聞いてましたが確かに。なんで普段着で胸透けてるんですかね…。 個人的には引っ越してきたばかりの主人公が何故あんな反体制運動みたいな部活に興味を示すのか全く理解も共感もできず(まぁ先輩が可愛かったからですよねきっと)、割としつこく部活部活と騒がれてもナンダカナーだったので、今後の物語の主軸がどこに置かれるのか次第では微妙かもしれない。多少気にはなるけどとりあえずスルー、評判良かったらー程度でしょうか。あ、ヒロイン的には金髪ちゃん一択で。 

シルヴァリオ トリニティ Light
  :12月から延期。続編やFD的なものかと思っていたら主人公すら違う…だと…!? とはいえやはり前作を体験版までしかプレイしていないのでこちらも手を出す気にならず。やるならやるで前作から。評判悪くなかったしやっておけばよかっただろうか…しかし主人公にひたすら馬鹿にしたり詰ったりするのが日常というタイプのシナリオやヒロインはどうもね…。とりあえずBGMはとても好きでした。 →体験版触りだけプレイ。冒頭バトルの時点でテキストがくどすぎて合わず。あれぇ前作はそんなことなかったのに…。

リアルエロゲシチュエーション 自宅すたじお
  :前作は体験版のみでスルーしましたが、まさかあんなにも低評価とは…とはいえライターさんは異なるようですし絵も悪くないし一応体験版は触る予定。あらすじ的にはまぁタイトル通りな感じのようです。体験版プレイ済、エロ特化作品の割には物足りなさが…新作買いは見送りで。

不運と幸運と恋占いのタロット Campus
  :ヒロイン一人、DL版で3000円な最近流行りの…というかこの売り方の筆頭ブランドの新作。相変わらずのハイペースですね。人生で最も不運な一ヶ月をラッキーガールである幼馴染と恋人になることで不運を吹き飛ばして乗り切ろう、的なお話。きっとひたすらえちぃシーンなのでしょう。 何が一番気になるって、製品情報の「全年齢本編無料版:無料」ですよ。

彼女と俺の恋愛日常 Parasol
  :ちこたむキャラは、悪くないと思うのですが…他ヒロインが個人的に微妙なのと、ストーリーを見ただけで主人公が気持ち悪い受け付無さそうな感じなので、良くて体験版止まりになる予感。

月影のシミュラクル -解放の羽- あっぷりけ
緋のない所に烟は立たない -緋修離と一蓮托生の女たち- 暁WORKS
  :ノリリン(ディレクター)が前々から別の販売形式を試していきたい的な事を言っていたので、今回「完全無料(アプリ内課金なし)」なんて言い出した時点で「あっこれアカンやつや…」なんて思ってガン無視してましたが、評価を見ていると未完成品だったが故の低評価であって内容的には意外と悪くない印象ですね。
でも商法としては、低ボリュームで半端に完結させてしまった事で続編というか完全版?を買う人を減らしてしまっただけ感がすごいです。 これら2作品は、体験版と製品版の関係ではなく、(無料の)製品版とその完全版、というイメージの人が多いと思うのです。そして仮に完全版が素晴らしい作品だとしても、無料版で低評価をつけて一度は終わった物に対し改めて金を払って蒸し返すような真似をする人がどれだけ居るだろうか、と…。 というわけでよほど無料版に収録されてるシナリオに自信があるのでなければひとまずだろうと完結などさせずに、半端なところでぶった切る従来通りの体験版形式の方が続きが気になって買う人多そうだなぁと…。 私的には、完結時点で評価が良かったなら追ってDL版を買うかもといったところです。

2016年12月 購入検討、一言感想など  

[EDIT]
仄暗き時の果てよりは、キービジュ的には興味なかったのですが体験版が悪くはなかったので程々に期待しつつ購入。
シンソウノイズは…面白そうですがヒロインが全く刺さらず…うーん。。

◆ (ほぼ)確定 ◆
仄暗き時の果てより MOONSTONE (体験版の感想は後半で)
  :体験版プレイ済。 某水関連のホラー的なものを連想するタイトルですが、偶然か狙い通りかホラー作品ラインの方。殺人鬼とか化物とか異能とか出てくる系統。グロ系描写が過去作と比べても一番本気出してる感あるので苦手な人は…ってこの手の作品を手にとるような人には要らぬ心配ですね。 感想はここに書くとネタバレっぷりが割とアレだったので仕方なく久々に続きの方へ書きました。

◆ 有力 ◆
シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~ Azurite
  :体験版プレイ済。 他人の心の声を自動的に受信してしまう能力を持つがゆえに人付き合いが苦手で結果クラスで友人もおらず名前すら覚えられてないような主人公が、偶然が積み重なった結果その能力を駆使して身の回りで起こる事件を解決していく話。聞こえてくる心の声はそのまま聞こえるのではなく主人公のフィルターを通した物であり全て無機質無感情な合成音声的なもので聞こえる為、声バレ口調バレなんて興醒めなことはない設計。でも声優さん(全部奥山歩さん…だったかな?)的にはせっかく演技したのにアレじゃなんともまぁ…何なら心の声については声優さん雇う必要なかったんじゃ。推理モノらしく盗難事件から殺人事件などもあり、またそれらを数ある選択肢の中から正答を選択して解決へ導いていく捜査パートなるものもある為、記憶力や推理力も試されます。2章ラストの引きなど、続きが気になります……が、個人的にはヒロインが刺さらないので難しいところ。 ついでに、えちぃシーンも受信能力を活用する為かライターの癖か、モロに実況タイプのような感じになるので好みが分かれる所でしょう。

◆ 気になる ◆
Liber_7 Lass
  :最初の予定では5月くらいでしたっけ?から飛んで飛んで…。 3days、11eyesに続くLassナンバーシリーズの異能バトルもの。 舞台は11eyesと同じ市で、今度は惨殺事件や爆破テロ…と、なんかもう一般市民の方々が不憫でしょうがないです。皆さん他所へ引っ越したほうが良いですよもう。 11eyesの方は割と好きでしたし、気になります。絵はちょっと安定してないですね。

王の耳には届かない! AXL
  :毎度体験版はプレイしつつも一度も買ったことのないAXL作品ですが、今回も少なくとも体験版はプレイ予定。

星降る夜のファルネーゼ ミィティ
  :一応メモということでここへ。


◆ スルー ◆
初恋サンカイメ ういんどみる
  :うぃんどみるさんの新作、スキとスキとで初恋サンカイメです(違)。 体験版はプレイしましたが正直数日経ったら不審者先輩くらいしか印象に残ってなかったのでスルーです。

竜騎士Bloody†Saga あかべぇそふとすりぃ
  :どれだけコケようとも頑なに騎士シリーズを出し続けるこのスタンスは、騎士と言えばあかべぇそふとすりぃ、という既成概念を作り上げようとしているかのような執念を感じますね…。 でもここの騎士モノは、犯罪者が普通に銃ぶっ放すような世界観で騎士コスで剣持って戦う姿がどうしてもシュールというか、世界観的にもPOLICEが突入すれば一瞬で片が付きそうな事件にわざわざ剣片手に首突っ込んでわちゃわちゃやってる的な印象が強すぎてどうにも馴染めない事が多いのですが、今作は世界観が中世とかそれくらいで、ドラゴンの脅威に怯える王国と国民を守る騎士達、みたいな立ち位置なのでそういった違和感も特に無く、なかなか悪くなかった気がします。(体験版プレイ済です) 主人公は昔は超強かったけど色々あって今は剣を辞めて薬草師として旅をしている青年。多分本気を出したら誰よりも強いけど事情があって体験版では最後まで力を見せなかったので本編でも本当に余程の事がない限り力出さなそう。ヒロインは全員騎士見習いなのであまり強くはないはずですが、正規の騎士もばったばった死んでいくのでそのうち新兵や見習いにすら出番回ってきそうですね。でも体験版最後に出てきたアレ、どう考えても…アレですよね。となると…ドラゴンがこの短期間で2度も襲ってきた理由とか、今後の展開とか、ドラゴンと人間との関係の落とし所とか、ある程度予想出来てしまいますが…最悪「ドラゴンの脅威とは一体何だったのか…」みたいな展開にだけはならないと良いのですが…。

あきゆめくくる すみっこソフト
  :体験版プレイ済。可能性が殺されてひたすら同じ苦しみの1日をループするようになった狂った街で学園生活を送ることになった主人公が、超個性的なヒロイン勢と共に街の謎を解き明かし住人達をループから開放すべく頑張る話。 私感ですが…そも理解できるものではないとも言われる量子力学に関する屁理屈をひたすらこね回してくるヒロインとかひたすら去勢を勧めてくるヒロインとかいきなり殺そうとしてきたと思ったら訳の分からない会話を繰り広げた挙句自分の胸を揺らして悦に入るような情緒がアレすぎるヒロインとかキャラ付けに癖がありすぎて私にはきつかったです。 テキストも言葉は悪いですが意識高い系っぽいというか…全体的に頭良さそうなそれっぽい事を言って深い話っぽく感じさせようとしつつ煙に巻いてるだけとでもいうかなんというか…。 春から続く3作、毎度気にはなってるのですが結局今回も見送りです。

恋は夢見る妄烈ガール! Chelseasoft
  :体験版プレイ済。女の子に触れることでその子のえっちぃ妄想を覗き見…というかまるで現実のように見せられる能力を得てしまった主人公…ですが、それを活かしてうまいこと立ち回って仲良くなっていくどころかそれが原因で失敗してばかりという珍しいパターン。センターの子がやたら攻撃的な子なので割としんどいです(体験版終盤で既に落ちそうになってましたが)

2016年11月 購入検討、一言感想など  

[EDIT]
個人的には不作月。引っ越しのごたごたでたまったストック消化に丁度良いかなと。

◆ (ほぼ)確定 ◆

◆ 有力 ◆

◆ 気になる ◆

◆ スルー ◆
スキとスキとでサンカク恋愛 ASa Project
  :親の再婚以来数年を共に過ごしてきた現妹と幼少期に親の離婚により別れることになった元妹。幼いころから一緒に過ごしてきた過去に玉砕経験ありの幼馴染と一目惚れしてきてガンガン来る先輩。2つの対象的なサンカク関係が織りなす恋愛模様をギャグ8割恋愛2割でASaProらしく描いた作品。 このブランドさんの作品は毎度少女漫画を男女逆転させたような設定が多いとか割とエグい感じの隠しテーマも設けているとかなんとか開発側の人が言ってましたが、今作でのテーマは「元カレと今カレ」だとか。なるほどね、なるほどね! ちなみに体験版プレイ済ですが、個人的にはどうにもぱっとしなかったのでスルー枠で。

アキウソ -The only neat thing to do- Campus
  :気になる枠でも良かったのですが、ヒロイン的には4部作中一番気になっていた夏にも結局手を出してないのでここもスルーかなぁと。何やらキャライメージ的には意外性を感じる割とシリアス系の内容だとかなんとか。

枯れない世界と終わる花 SWEET&TEA
  :ラジオは楽しく聴かせていただいてますが、作品自体はあまり興味が湧かないといいますか…でも近いうちに体験版は触っておこうかと思ってます。 (キャラ紹介ページを見ながら)…で、チャティーはどこに居るんですか?(真顔)

略奪者の淫宴 あかべぇそふとすりぃ
  :このブランドの色々なジャンルに手を出していく姿勢は面白いですが、実際の所客層的にどうなのでしょう…売れてるんですかね。
前にもどこかで書きましたが例えば”純愛ブランドが試しに陵辱抜きゲー作ってみたけどどうっすかね?”感溢れるような作品なんて、それが例えブランド的にはやれる範囲で極力頑張った結果だとしても客からすれば中途半端以外の何者でもなく。本職のブランドに勝つくらいの意気込みを感じさせてくれるならまだしも、大人の事情やら何やらで結局振り切れないのであれば最初からそんな半端に手を出すような真似しない方がマシなのではとか。
と、あえてこんな話をしましたが、そういった観点で言うとギャラリー見る限り今作は割とマシっぽく見えますね…ってなんでこんな上から目線なの私() ちなみに3k弱(税抜)のロープラ作品です。
ところでギャラリーで恍惚のなんちゃらポーズ決めちゃってる青髪ちゃんが気になってしょうがないです。ヤンでデレ的な才能ありそうですねこの子。(キャラ紹介の”女たち”枠にすら居ないですが)

夏彩恋唄 すたじお緑茶
  :今作も体験版ではぱっとしないですね…。単純に尺で言っても、長ければ良いなどとは口が裂けても言いませんがしかしやはりフルプラ作品でキャッチーな内容もないまま30分で終わってしまう体験版ではむしろ不安感を煽られるだけでしかないというか…。 ところで今更ですが、どうして過去作情報ろくにないんでしょうねここ…ggると個別には出るんですけどね。

プロフィール

あおねこ

Author:あおねこ

・2015/12/22とりあえず作成してみた。
 最低限購入予定くらいは更新し続けたいなって

・過去記事の編集は必要に応じて随時。
 タイムスタンプは更新せずにひっそり進行です

・基本、当欄と→の優先記事のみで事足りるはず

・購入検討記事ショートカット
 2016年 01月 02月 03月 04月 05月 06月
 2016年 07月 08月 09月 10月 11月 12月
 2017年 01月 02月 03月 04月 05月 06月
 2017年 07月 08月 09月 10月 11月

購入履歴まとめリンク
感想記事まとめリンク

※本ブログはPCブラウザにのみ対応しています
※エロゲ関連の話題が主となりますのでご注意ください

Twitter
リンク
検索フォーム