あおねこ@えろげー!

── 主にerg関連の記事を、たま~にね ──
  • 2017_08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017_10

2017年09月 購入検討、一言(ではない)所感など  

[EDIT]
8月は書くことなかったのでスルーでした。鬼くるの体験版は結構面白かったですが、予約買いするかと言われると…

◆ (ほぼ)確定 ◆


◆ 有力 ◆
鬼がくる。 ~姉がひん死でピンチです~ えにしそふと
 :体験版プレイ済。最初はこのリストに載せてもいなかったのですが、体験版プレイで急上昇。9月では最有力候補に。 仲良し姉弟の姉の方が現代医学では治癒不能な病で死にかけているところを土地神様に助けてもらったものの、人々の神への信仰心が薄れている事によりろくに力が発揮できず、完治には至らず。また同理由により土地にケガレが発生しており、人の負の感情に呼応して取り付いて悪さをするという事件も発生。どちらの件も、信仰心を高めて神としての力を取り戻せば解決できる。よしアイドルデビューして信仰心を集めるのじゃ!とかどっかでみたようなかんなぎさまでした。ちなみに体験版はアイドルとしての初ライブの大成功と同時に勝手に卒業宣言かましてくれちゃってオイオイ、ってところまで。あくまで本作はアイドル物ではありませんよというアピールだろうか。 いい感じに一区切りついちゃってるのでこのあとどうなるか全く読めません。 姉の弟ラブっぷりが度が過ぎていて若干うざい域入りかけてますが(というか主人公達が姉の体の為にも真面目に奮闘している時に、構え構え私に構えと邪魔ばかりした挙句除け者にされたとギャーギャー喚き散らす辺りはかなりアレでしたが…)、立ち絵の大げさな表情変化も相まってかわいいはかわいいし、内容的にも少なくとも体験版範囲では面白かったです。しかしぱっと見のビジュアル面で損してますねこの作品…少なくとも公式HP見てるだけレベルではぶっちゃけヒロインの見分けがつきにくい。  また私は未プレイであらすじしか知りませんが、鬼うた。という同原画家さんの過去作と確かに似てますね。それはもう本当にめっちゃ似てますね。ええ本当なぜここまで似せてしまったのか…。とはいえライターさんも違いますしまさか後半シナリオまで焼き直ししてくるとは思えませんが、そのあたりで警戒されてる節もあるようです。 まぁケガレの件があるのでそういう方向性もありえなくはありませんが… 体験版の感触的には大丈夫だと思いますけどね…公式的にも「ラブコメディ」らしいですし、うん。。


◆ 気になる ◆
もののあはれは彩の頃。 QUINCE SOFT
 :Lump of Sugarの別ブランドとかでしょうか。 気がついたら現実の記憶をほぼ失った状態で双六の世界に放り込まれており、翻弄されていく…という流れはいいのですが、他の参加者と比べて主人公だけ極端に頭悪すぎじゃありませんか…。こういった独自の世界に放り込まれるタイプの作品において、主人公(或いはメインヒロインあたり)はプレイヤーへの説明役としておバカ役を担うことになる場合が多いですし、まぁ分かるはわかるのですが…冒頭でも負ける寸前だったし、大丈夫なんですかね。 また、みさきの設定とか割とモロバレだったりヒロインとろくに絡まないままさっさと体験版終わったり、(実際デスゲームなのかわかりませんが)体験版で2度見せられたことで「どうせ死んでも盤面丸ごとリセットするだけなんでしょ?」感出ちゃって緊張感なくなってるし、なんか上手くないですね…。 気になるは気になりますが、予約買いは控えます。

面影レイルバック  ハイクオソフト
 :体験版プレイ済。体験版も結構前に出たことですし、これだけ延期すればさすがにそろそろ出るのでしょうか…。でも延期はお家芸だしなぁ…。 過疎村側代表であるヒロインが、そこを買収にきた(?)企業の代表、つまるところ敵対する立場であるはずの主人公に一目惚れしてしまい、それを察した村側は「村の土地は渡さないが主人公はもらう!」と一致団結、対して主人公側…というか主人公のスタンスは…村にとって害となるような方針には見えませんが、詳細は不明ですね。とりあえずそんなスタートでした。主人公は体験版時点で既にヒロイン勢から割と惚れられてます。さすがクール系。 不安なのは、ヒロインをいやらしい目で見たりそういった発言を連発したりするおっさん、という実にプレイヤーのヘイトを集めそうなキャラが長々と幅を利かせたり、主人公の姉が実にクズいキャラだったりと、不快感を与えるキャラの主張が強い体験版だったこと。特に前者みたいなキャラはエロゲユーザーからは忌避されるレベルな気が…(黒パケなら歓迎されるでしょうが)。 この調子だと本編でも(最後の最後にはスカッとする展開になるとしても)こういったキャラに辛酸を嘗めさせられるような展開が結構な割合を占めそうな予感が…とか。それが悪いとは言いませんが、うまく調理しないと難しいですよね……「特定キャラ不快」タグが大賑わいになったりとか、「最後以外胸糞悪かった」なんて感想になったりしないと良いのですが。

ヤミと祝祭のサンクチュアリ あざらしそふと零
 :ライターさん的にも微妙なセンですが…一応メモです。


◆ スルー ◆
星降る夜のファルネーゼ ミィティ
 :イントロはかっこいいのに!イントロはかっこいいのに…!! というわけでかなり前から見かけたゆき恵さんメイン原画の本作…というかこれまだ出てなかったんですね…。 事件発生、現場調査パート、推理パート、新たな事件、な流れの推理系作品のようです。ついでに解決パートとして、脱がせた犯人にお触りしてポーズを変えさせて体のどこかにある証拠を見つけよう、というシステムがあるようで…個人的にはそういうのはのーせんきゅーですが好きな人にはたまらないのでしょう。

桜ひとひら恋もよう Parasol
 :CV的には悪くないのですけどね…HPを見ていてもきっといつものParasolさん的な点数に落ち着くんだろうなぁ、みたいな印象


プロフィール

あおねこ

Author:あおねこ

・2015/12/22とりあえず作成してみた。
 最低限購入予定くらいは更新し続けたいなって

・過去記事の編集は必要に応じて随時。
 タイムスタンプは更新せずにひっそり進行です

・基本、当欄と→の優先記事のみで事足りるはず

・購入検討記事ショートカット
 2016年 01月 02月 03月 04月 05月 06月
 2016年 07月 08月 09月 10月 11月 12月
 2017年 01月 02月 03月 04月 05月 06月
 2017年 07月 08月 09月 10月 11月

購入履歴まとめリンク
感想記事まとめリンク

※本ブログはPCブラウザにのみ対応しています
※エロゲ関連の話題が主となりますのでご注意ください

Twitter
リンク
検索フォーム