あおねこ@えろげー!

── 主にerg関連の記事を、たま~にね ──

『ノラと皇女と野良猫ハート』感想(※未完記事) 

[EDIT]
2016年02月作品 『ノラと皇女と野良猫ハート』 HARUKAZE の感想

体験版の感想記事はこちら:

多忙すぎて片手間でちょいちょい進める感じだったのでとても時間かかりましたが、クリアしましたよ!
でも感想書けてません!

※後半、個別√のストーリー等ネタバレ満載につきご注意ください


・最後にまとめて書くのは性に合わないのでクリア順に書いています。(と言いつつ…)
・体験版感想と一部内容がかぶる部分がありますので、ご承知おきください
・『作品の詳細は公式サイトで紹介されておりますのでそちらをご確認ください!』 あ、これ必殺技です便利でしょ

◆とりあえずヒロイン紹介

ノラに魔法をかけた冥界の皇女

パトリシア・  
  オブ・エンド

CV:小鳥居夕花

成績優秀なノラの幼なじみ

黒木 未知

CV:遥そら

ノラの家のことなら彼女にお任せ

夕莉 シャチ

CV:神代岬

ノラの後輩は、天真爛漫バイトギャル!

明日原 ユウキ

CV:桐谷華

パトリシア・オブ・エンド

『私に敵う人が、この地上にいるのかしら』
『これが、恋』


黒木 未知 (くろき みち)

『それは──不純異性交遊です!』
『大丈夫ですよ 落ち着くまでそばにいますから』


夕莉 シャチ (ゆうり -)

『おいしい食事と皆さんがいれば、私はそれで充分です』
『あなたは 私が護ります』


明日原 ユウキ (あすはら -)

『え、なんかー 友達以上恋人未満って素敵な言葉だと思うんすよ。』
『あ。ひょっとしてアタシのこと狙ってます?』

体験版時点でのお気に入り順は、黒木未知>パトリシア>高田ノブチナ(サブ)>夕莉シャチ>明日原ユウキ
これに私の攻略方針と各キャラの立ち位置(想像)を考慮し、
未知→ビッチ→シャチ→パトの順で攻略することとします。
あ、今気づいたんですけど、この作品、みち、びっち、しゃち、のぶち、って『ち』で終わるヒロインばっかじゃないですか。すごくないですか?(明日原ボイス)

◆キャラクター :★★★★★
原画は、前作でb…らぶおぶ!でもメインで担当されていた大空樹氏。
前作ではシーンによってはやや太ましい印象があったりもしました(オブラートに包んだ表現)が、今作は↑の通り、とても良くなりました。僅かなりとも絵を嗜む身としては、『一体何があったら1作品でこうも変わるのか…』、と不思議に思うレベル。他にもサブヒロイン数名も含めとても良いと思います。何故か田中ちゃんだけ別の人が描いたのか?と言った感じですが
CGによってはたまに…こう、やや前作を思い出すような感じ(でぶおぶとか言うな!)になることも無いでもないような…気もしますが、まぁ基本的にはかなり良い部類かと。
キャラクターとしては、割とよくある属性ありきで動かされているようなものではなく、どの人物も活き活きとしていて、ただの会話でも見ていて楽しいです。
そしてどのキャラも性格・表情共にとてもかわいい。とても好印象です。
また、キャラクター…と言うとやや語弊があるかもしれませんが、体験版感想でも紹介したナレーション。これが実にすっとぼけた性格をしていて、いい味出しています。

◆背景・演出 :★★★☆☆
特別光る物はありませんが、桜の花びらが舞ったり詠唱時に魔法陣が描かれたりと、少なくとも不足も不満もありません。
背景については正直疎いので、○か×かくらいしかわかりません。そしてそれなら○。そして無難に星3つ。よし!
演出…というかシステム面でとても気に入ったものが一つ。タイトル画面を表示する際のヒロインのタイトルコールがなかなか面白く、パターン数も多いので必聴です。サスペンド機能は便利ですが、たまにはタイトル画面もどうぞー。まぁコンフィグのサンプルボイスで全部聴けるんですけどね!

◆BGM :★★★★☆
あっ…BGMについての評価は私があまりに(小並感)な事しか言えないのでやめたんでした…。
でも一応言うと、全体的に結構良かったと思います(小並感)  ウワァンほらやっぱり(小並感)じゃないですかー!(

◆テキスト・シナリオ :評価中...
前作同様はと氏が担当。私は前作ではそもそもブレーキなんかついてないくせにアクセルを踏み続けるようなノリについていけませんでしたが、本作はテキスト自体は落ち着いた感じがするくせに結局アクセル踏みっぱなしで、しかしキャラクターも会話も魅力的なものだから素直に面白いっていうこのシナリオにやられました。
また↑でも言いましたが、すっとぼけたナレーション。これも本当にいい味出していると思います。

◆各ヒロイン√ (攻略した順に記載)
・黒木未知 :★★★☆☆
成績優秀なノラの幼なじみ。
彼女をめぐる物語は、臆病者が自立を求めて悩み決断する、勇気にまつわる物語。
ノラの眷属契約が、そのままではいずれ本物のネコになって戻れなくなってしまう、という危うい状態であることを知った黒木は、眷属契約の解除に協力することに。 しかしなかなか簡単にはいかず…そうこうするうちにノラと黒木はやがてお互い想い合うようになり恋人に…なったものの、彼女の母親は作法に厳しく、昔から好ましく思っていなかった半田家ないしノラとの交際など当然許されるはずもなかった。 時を同じくしてその母が見知らぬ男性を家に招くようになり、再婚して引っ越すと告げられる。 あまりに一方的な物言いに反発するも、ノラから反発するだけじゃなくこちらから歩み寄る勇気も必要だと諭され、母への初めてのプレゼントを企画し、結婚も引っ越しも受け入れる決意をする。 しかし実はその男の正体は結婚詐欺師で、あわや黒木家を食いつぶされ黒木本人にも魔の手が…というところで、三度獣の姿になったノラがその身を呈して男を撃退。 無事黒木家は守られ、ノラもどうにか元に戻り、事件をキッカケに黒木母とも和解。二人の交際も認められ、末永く幸せに暮らしたのでした。めでたしめでたし。といった流れ。
他にも途中、黒木がネコになったり、名犬ならぬ名猫黒木と盗難事件を解決したり、セッ…命の魔道書(意味深)をパト達姉妹の前で実演させられ…そうになったり、黒木がグレたり、黒木が冥界で名を馳せたり、と主に黒木に色々ありました。
真面目な子が一度壊れるとヤバイ、というお手本のような例でしたね!

ちなみにこの子は体験版時点で私的に一番のお気に入りヒロインでした。
風紀委員に所属し、真面目でしっかり者・堅物といった印象を受ける彼女ですが、実際はとても泣き虫で、甘えん坊で、キス魔で、…料理がアレで、付き合って早々規則で雁字搦めにしてくるようなタイプで、独占欲が強くて、実に面倒で重い女の子。
とまぁ風紀委員としてのしっかり者なイメージなど跡形もなく消え去ってしまったというかぶっちゃけキリッとしていたのなんて最初だけでしたが、確かにとても可愛かったので良し。
また精神的にも成長…………え、成長…?いやいや精神的に成長したのは黒木というより黒木母であって、 黒木本人はむしろ前述の通り遅かりし反抗期が到来したり猫化の影響で学校内でノラを追いかけ回して襲いかかったり冥界で暴れまわったりとヤンチャしてただk……よし、この話はやめよう。はい!やめやめ!

何はともあれ、とにかく黒木が可愛い話でした。
またキャラクター同士のやり取りが常に小気味よく全体的に好印象。さすがに黒木母とのギスギスしたやり取りまで楽しいなんてことはありませんが、それ以外はおおよそ読んでいて楽しい。あらすじだけ思い返すと正直大して面白くなさそうなのに★4つつけたい程なのだから大したものです。
しかし問題は終盤の盛り上がりシーン、つい盛り上がりすぎてしまったのか話が冥界までぶっとんでしまい、しかもそこをサクッと流されたおかげでポカーン…そのままEDへ、といわゆる転と結がダメ、のパターンだった為に★1つ減点。惜しい…。

ところで最後の最後、ナレーションさん何さらっと衝撃の発言してるんですか…!?
しかもナレーションさんのキャスト、涼森ちさとさん…だと… ぜんっぜん気付かなかったです…びっくり。この√で一番びっくりしました(←)







・明日原 ユウキ :★★★☆☆
ノラの後輩で、だれとも別け隔てなく接する明るい女の子。
彼女をめぐる物語は、かけがえのない友人や恋人や生命を繋ぐ、幸せにまつわる物語。
明日原のバイト先である猫喫茶の人手…猫手不足に際し、猫状態でバイトをすることになったノラは、間接的に明日原のノラに対する恋心を聞かされてしまう。また最初は嫌々だった仕事にも徐々に慣れ、先輩猫達とも仲良くなってきた頃にその先輩猫の出産を見届ける事となり、生命の尊さを実感する。更に明日原と先輩猫それぞれから明日原の心の傷の話を聞いてしまい、明日原を護っていきたい、もっと幸せにしてやりたいと思うようになったノラは告白するも、なんとフラれてしまう。過去の経緯や今も柄の悪い知り合いから度々嫌がらせを受けている事などから"自分と一緒に居るとろくなことがない"と考え断固受け入れない明日原だが、それでもアタックし続けるノラを遂には受け入れ、晴れて恋人に。 派手さなんて必要ない、ただお互いが居れば幸せ、そんなささやかな幸せを満喫する二人に冷水を浴びせかけるように、明日原の知り合いのガラの悪い連中の手によりノラが襲われ、更には猫喫茶も滅茶苦茶にされて猫達も傷つけられるという事件が起きる。落ち込む明日原とは反対に、ノラは猫達とも直接仲の良かった事もあり尚更怒り心頭。二人の大切な仲間であるノブチナ、井田と共に犯人の元へ殴り込みを敢行。結果3人は停学処分を受けるも、犯人達をこらしめ、明日原もノラも仲間達も皆大事なものを護り、明日原も辛い目に遭うことを諦めて受け入れるだけじゃなく抗う強さを身につけ、そして滅茶苦茶にされた猫喫茶もみんなで前以上に良い状態まで復旧し、一件落着──といった流れ。

まさかの…でもないですが、にゃんにゃんわーるど突入。半分くらい猫パートでしたね。というか冒頭では猫の言葉わからなかったのにさらっと分かるようになってますね…馴染みすぎですよノラさん。 
ところで何ですかこの主人公可愛すぎでしょう。一体どうなってるんですかこの作品は…(褒め言葉)
内容的には、こちらは突然超展開突入などもせずしっかりまとまっていたと思います。…が、明日原の昔の悪い知人からの嫌がらせがエスカレートしすぎて、いくら仕返ししたとはいえそれで猫や店が傷つけられたという事実が無かったことになる訳でもなく…モヤッとしたものが残るあまり好きになれないストーリー展開だったので、イマイチ評価しづらいです。私自身猫大好きでずっと飼ってますしね、それにほら私もあおねこですし!猫ですし!() 他にもイマイチ好みじゃない展開もちらほら、かつ明日原自体さほど…というのもあって、星3つとしてますが実際のところは星2.5と言ったところでしょうか。
あ、途中ノラが自分からは決して捨てない姿勢を見せたのは好印象。母親に似てよく拾ってくる子だったというのは聞いてましたが、そこも似てるんだなぁとほんわかしました。

それにしても、体験版時点で3番目のお気に入りキャラだったノブチナやっぱりカッコイイし可愛いですね。カッコイイ系のヒロインはあまり好きになることはないのですが、ノブチナは可愛さも完璧に両立していてとても良い。ヒロインになって欲しかったです。



明日原



・夕莉 シャチ :★★☆☆☆
ノラの家で家事全般をこなす、ノラの身内のような存在。
彼女をめぐる物語は、何より強くて温かい、人が人として生きるための最小単位──家族にまつわる物語。




・パトリシア・オブ・エンド :★★★★☆
地上を滅ぼすために冥界からやってきた王女様。
彼女をめぐる物語は、ノラとパトリシアの絆を試すとともに、世界の命運をも左右する物語。





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

あおねこ

Author:あおねこ

・2015/12/22とりあえず作成してみた。
 最低限購入予定くらいは更新し続けたいなって

・過去記事の編集は必要に応じて随時。
 タイムスタンプは更新せずにひっそり進行です

・基本、当欄と→の優先記事のみで事足りるはず

・購入検討記事ショートカット
 2016年 01月 02月 03月 04月 05月 06月
 2016年 07月 08月 09月 10月 11月 12月
 2017年 01月 02月 03月 04月 05月 06月
 2017年 07月 08月 09月  

購入履歴まとめリンク
感想記事まとめリンク

※本ブログはPCブラウザにのみ対応しています
※エロゲ関連の話題が主となりますのでご注意ください

Twitter
リンク
検索フォーム